土地活用のマンション経営!失敗しないための3つの留意点

家賃収入では背伸びをしない

マンション経営で土地活用しようと考えたときには高い家賃収入に目が向きがちです。しかし、少しでも期待できる収入を増やそうとして大きなマンションを建てるのはよく考えてからにしましょう。満室になるほどに需要がなかったら空室ばかりになってしまいます。需要がどの程度あるのかを考えて、満室を維持できる程度の規模のマンションにする方がかえって利益を大きくすることができるため、家賃収入への期待は背伸びをしないことが大切です。

基本的な付帯設備を充実させる

入居者が十分にいなければマンション経営は成り立ちません。マンションを建てることを考えるとマンション本体にばかり目が向いてしまいがちですが、利用者の立場から便利なマンションにするという視点も忘れないようにしましょう。駐車場や駐輪場が快適に利用できるように用意されているとそれだけで魅力が高まります。土地を有効活用するために、マンション自体のスペース以外の利用方法も考慮してから建設を依頼するようにしましょう。

資金計画は綿密に行う

マンション経営をする上で欠かせないのが資金計画です。家賃収入をローンの返済に使っていくことが多いものの、それに加えて積立金を作っていく周到さが必要になります。マンションは新築のうちは人気がありますが、適宜修繕を行っていかないと魅力が薄れていってしまい、マンション自体の劣化も進んでしまうでしょう。修繕に必要になる資金計画も合わせて行ってからマンションの建設に至ることが重要になります。断続的に出費があることは忘れないことが大切です。

マンション経営とは、新築又は中古マンションを部屋、あるいは一棟ごと購入して賃料を得ることにより収入を生み出す経営方法です。上手な経営を行えば部屋数やマンション数を増やし収入を上げていく事が出来ます。