ペット禁止賃貸物件でペットが野放し状態に

個人家主の場合と大規模賃貸物件の場合

賃貸物件のほとんどは、ペット禁止物件です。ペット可の物件はごくわずかで、家賃も高めです。賃貸集合住宅に住む人の中には、分譲だとペット可だから、ペット禁止の賃貸住まいをあえて選んでるっていう人もいるんですよ。でも、大規模経営の賃貸集合住宅だと、ペットを飼うのが日常化していますね。家主が個人だと、あっという間に住んでいられなくなるから、ばれないようによくよく気を使って飼うか、飼うのを諦めるようなんですが。

平気で鳴かせ続け、散歩に連れ出す

大規模賃貸物件だと、ペット禁止などという契約は有名無実化していて、飼い主は平気でペットを鳴かせ続け、散歩に連れ出します。家主側に苦情を言っても、匿名だと対応しません。大企業からの情報流出が日常茶飯事になっている昨今、実名を出して通報する住人がどれほどいるでしょう。個人の家主に匿名は通用しないかもしれませんが。住人はごく少数ですから。でも個人の家主なら、匿名だろうが徹底して調べて対応しますよね。自分の財産なんですから。

ペット禁止は建前なのか

大規模賃貸物件の家主側は、ペット問題に消極的です。できたら放置したいのでしょう、という印象を受けます。ペットを飼っていた借り手が引っ越すときは、割高な原状回復費用を請求するようですが、飼っていて家賃を欠かさず払っている間は、個人の家主のように、すぐ出て行かせるわけにはいかないようです。催告書を送付し、一定期間を置いてから裁判を起こし、判決を得てようやく立ち退きを要求できるみたいです。その間の迷惑に対し、他の住人たちが訴えを起こした例ってありますかね。

札幌の賃貸住宅は二重窓や暖房設置済みなど寒さ対策がされたものが多く、入居後すぐに快適な生活が送れます。