賃貸物件には種類がある!?サブリースは避けると無難ってホント?

サブリースはリスクがいっぱい

賃貸物件を探していると、サブリース物件を紹介されることがあります。賃貸契約ではいつ何があるか分からないので、大家との直接契約が大前提ですが、サブリースは物件の又貸しです。大家が不動産屋との間に賃貸契約を結んで貸した物件を、不動産屋が借り手に転貸契約を結び貸し出しているわけです。責任関係が曖昧となるために、何かトラブルが起きた時には不動産屋が窓口になりますが、責任の所在を大家に転嫁する場合もあるので上手く逃げられてしまうことも珍しくありません。優良物件に住みたいならサブリースは避けましょう。

礼金有りが実は安全ってホント

賃貸契約を行う際には、初期費用がかかります。中でも敷金とは異なり帰ってくることが無い礼金については、出来るだけ避けたいと考える人も多いでしょう。しかし、礼金を0.5ヶ月でも取る物件は安全な賃貸物件として知られています。なぜなら、大家が借金を抱えていない契約だからです。大家が金融機関から借り入れを行っている場合には、礼金を取れないルールがあるので、礼金がある物件は大家が破産して競売に掛けられる心配が少ないわけです。

専任媒介物件を紹介されたら見に行こう

不動産屋の隠し玉としてよく知られる専任媒介物件を見つけたら、是非とも内見をしてみると良いでしょう。他の不動産屋では案内されない、その不動産屋のみが紹介出来る物件が専任媒介物件だからです。地元の不動産屋では大家との関係が密接で付き合いが長いことから、不動産屋自体が借り手を選別する役割を持っています。不動産屋の担当者の眼鏡に適うと、専任媒介物件を紹介してもらえるわけですから、乗らない手はありません。内見して良かったら、早い者勝ちの物件となるので検討すると良いでしょう。

帯広の賃貸マンションがおすすめの理由として、自然に恵まれていることはもちろんのこと、契約のタイミングを上手く計ることができます。