家賃値下がりの時代だからどんどん引っ越そう

長く住むと家賃は割安だったものだが

以前は、同じ賃貸集合住宅なら、長く住んでいる人のほうが、家賃が安かったものです。家賃は右肩上がりで上がり続け、それでも住んでいる人の家賃をそうそう値上げすることは難しいので、新しく入る人にだけ家賃を値上げするということが結構ありました。でも、リフォーム済みで、最新設備に交換されているかもしれない部屋に入るわけですから、バランスはとれていたわけです。ところが、有史以来かどうかはわかりませんが、初めて家賃が値下がりし始めました。

家賃の逆転現象が起きた

人口減少で空き室率が増えたため、家主は家賃を下げて入居者を募集するようになりました。すると、新しい入居者のほうが、長く住んでいる人より家賃が安いという逆転現象が起こるようになりました。設備も新しく、リフォームもされたピカピカの部屋に、古い設備のまま住んでいる住人より安い家賃で入れるなんて、となるわけですが、家主は家賃の一斉値下げなどしませんね。決して。新しい入居者には、期間を区切って家賃を下げるなどの方法をとります。

なら、引っ越しましょう

長く住んでいる住人の家賃も本来なら下げるべきでしょう。募集家賃が相場なんですから。それが適正家賃です。いつまでも、家賃が右肩上がりだった頃の感覚でいてもらっては困ります。この20年以上デフレが続いて、他の価格は下がったのに、住宅価格なんて何分の一にもなっているのに、家賃だけは下がらなかった、そのほうがおかしいんですよ。と思い至ってほしいものです。家賃が値下がりしないなら、値下がりしたところに引っ越しましょう。

農業が基幹産業となっている帯広市は、地元の食材や資源を活かした食料品加工や製造業が盛んな地域です。市街地もしっかりと整備されているので、帯広の賃貸マンションなら生活しやすい環境が整っています。